本研究会について

本研究会は戊辰戦争期木版刊行物の全国的調査とその史料学的研究を目的としています。

 

平成22年度-平成24年度は「『太政官日誌』を対象にした史料学の構築と戊辰戦争期の社会文化論に関する学際的研究」(研究代表 藤實久美子・ノートルダム清心女子大学准教授・科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般)課題番号 22520699)を受けて進めました。

平成25年度以降も、研究内容を引き継ぎ、平成27年(2015年)4月から、科学研究費補助金基盤研究(B)「官版日誌類に関する史料学の構築および戊辰戦争期の情報と地域に関する学際的研究」(研究代表:藤實久美子・ノートルダム清心女子大学教授)に取り組んでいます。

<研究の目的>
本研究は、政治・社会の激動期である戊辰戦争期(慶応4=明治元〔1868〕年正月~明治2年5月)の維新政府系の出版物である「太政官日誌」に関する調査を通じて、当該期に大量に現出した木版刊行物に適合的な史料学を確立し、合わせて、当該期の社会文化の研究をおこなうこと
を目的とする。

維新政府系の出版物、いわゆる日誌類は官報前誌に位置づけられるものだが、日本近世・近代史研究の狭間にあって、研究が著しく立ち遅れている。ゆえに本研究では①日本各地に散在する「太政官日誌」の所在状況の確認、②モデル調査の実施と異本情報の収集、③史料学的な調査方法論の提示をおこなう。また④維新政府系の「太政官日誌」を通じて、諸情報が流通していくメカニズム及びその受容と影響に関する問題を解明して、当該期に特有な社会文化の展開とその過程について展望する。
<平成22年度-平成24年度の成果>
研究対象は『太政官日誌』(慶応4年2月~明治2年12月・通巻304号)である。
(1)所在調査により日本国内322ヶ所の機関に所蔵されることが確認された。
(2)2種の書誌的な調査カードによって現地調査を実施し、現地調査報告書の作成全72件を行った。
(3)クラウドサービスのgoogle Documentにより10万件以上のデータベースの共同的構築と共有化をはかり、グラフ化し、同版(修あり)・異版の混入状況などを明確にした。
(4)戊辰戦争期の社会文化論の構築に向けて、『太政官日誌』の作成、交付、販売、修正という情報流通、読者・官庁文書のなかでの蓄積という受容の側面が解明された。

研究会メンバー

奈倉哲三 跡見学園女子大学名誉教授

藤實久美子 ノートルダム清心女子大学文学部教授

箱石 大 東京大学史料編纂所准教授

松沢裕作 慶應大学経済学部准教授

石田七奈子 東京大学史料編纂所学術支援専門職員

清水詩織 早稲田大学大学院教育学研究科博士課程

寺島宏貴 国立公文書館

山田英明 福島県歴史資料館主任学芸員

山口順子 メディア史研究、オノーレ情報文化研究所

 

樋口摩彌 同志社大学非常勤講師(2015年1月から2016年7月まで参加)