公開研究会(2018年3月)

幕末維新期の藩版と官版を考える
―その政策・印刷工房・頒布―

日時 2018年 3月24日(土)
13:00-17:00
会場 東京大学史料編纂所大会議室
(福武ホール地下)
参加費無料
*会場で戊辰戦争期木版刊行物のミニ展示をいたします。

プログラム

司会    藤實久美子(ノートルダム清心女子大学)

講演「藩版研究とその課題」

講師 高橋明彦( 金沢美術工芸大学教授)

報告1

「『太政官日誌』長門聚珍版は何処に-尾佐竹猛と長州の版刻を追って」

山口順子(オノーレ情報文化研究所)

報告2

「幕末維新期長州(山口)藩の出版活動―山口県文書館所蔵板木・木活字調査中間報告―」

箱石 大(東京大学史料編纂所)

ミニ展示の内容解説・意見交換

盛況のうちに終了しました。