成果物・刊行物

科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般)課題番号 22520699)WEB報告書
 


 
 

2013年12月に冊子体報告書を国立国会図書館に納本するとともに、

データ内容を収録したDVDを調査で協力いただいた各機関に寄贈しました。

本研究会メンバー箱石 大編著 『戊辰戦争の史料学』(勉誠出版、440頁)
待望久しく、2013年3月刊行されました。

研究会メンバーの一部が執筆参加しています。(太字がメンバー)
目次
はじめに 箱石大
総 論 戊辰戦争研究のための史料学 箱石大第一部 戊辰戦争研究の最新動向
序論 戊辰戦争に関する新たな史料の発見 箱石大
施条銃段階の軍事技術と戊辰戦争―土佐藩を素材に  保谷徹
史料紹介 戊辰戦争期の会津藩による鉱山リース契約 保谷徹
戊辰戦争に関与したシュネル兄弟の「国籍」問題―ヴィルト・カワラ氏収集オランダ所在史料から 福岡万里子第二部 戊辰戦争の基本史料研究―「復古記」の史料学
序論 戊辰戦争研究の史料となった「復古記」 箱石大
明治政府の同時代史編纂―「復古記」とその周辺 松沢裕作
『復古記』の歴史知識学的研究 赤石美奈・伊藤直之・石川徹也

第三部 新たな戊辰戦争史料研究の試み
序論 戊辰戦争史料の総合的考察を目指して 箱石大
戊辰戦争期諷刺史料の歴史的意味 奈倉哲三
「民間木版新聞群」とその情報環境  山口順子
政府系本屋の維新史―名鑑の編集出版を中心に 藤實久美子
鳥瞰風景のなかの将軍―幕末の情報世界と江戸社会  杉本史子
写真にみる戊辰戦争前夜の箱館・松前 谷昭佳

あとがき
執筆者一覧
付録 戊辰戦争略年表 箱石大(作成協力:石田七奈子